Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2013.06.13

ネット選挙運動、Twitterではこんな動きになっていた!政党の公式アカウント フォロワー数ランキング。

気になる政党のソーシャルメディア活用模様Twitter編。

ネット選挙 Twitter ランキング

個人の政治家でも利用者の多いTwitter。各政党の公式アカウントはどのように運用されているのか、気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は現在国会に議席を有する10政党のTwitterアカウントのフォロワー数を調査・ランキングにし、ツイート内容の傾向を簡単にまとめてみました。

政党のLINE公式アカウント友だち数ランキング政党のFacebookページファン数ランキングに続くシリーズ第3弾として、是非ご参考になさってください!

■目次

1.政党Twitter公式アカウントフォロワー数ランキング

2.各政党のTwitter取り組み姿勢

 

1.政党Twitter公式アカウントフォロワー数ランキング

それでは早速、各政党のTwitterアカウントのフォロワー数ランキングを見ていきましょう。(6月12日時点)

順位 政党
[ユーザーID]
フォロワー数 ツイート数 アイコンイメージ
1位
みんなの党
[@your_party]
61,323人
1,349
2位
自民党
[@jimin_koho]
61,021人
5,472
3位
公明党
[@komei_koho]
32,987人
2,372
4位
生活の党
[@seikatsu1pr]
5,139人
188
5位
日本維新の会
[@j_ishin]
3,508人
901
6位
民主党
[@dpjnews]
3,426人
2,624
7位
新党改革
[@SHINTOKAIKAKU]
2,403人
141
8位
日本共産党
[@jcp_cc]
2,287人
27
9位
みどりの風
[@jcp_cc]
1,972人
193
10位
社民党
[@jcp_cc]
1,465人
526

いかがでしょうか。これはFacebookページのファン数ランキングとはやや異なる結果となっています。

61,323人のフォロワーを抱えるみんなの党が、自民党を抑えて1位に輝きました。次いで2位の自民党61,021人、3位は公明党32,987人

公明党はFacebook・LINEの友達数でも、一貫して高い数字を出しています。

3位と4位の間にはフォロワー数に大きな差があり、4位以下政党のフォロワー数は約1500~5000人という結果に。

個人のTwitterアカウントでは100万人以上のフォロワーを抱える橋下徹市長が所属する日本維新の会のアカウントも、フォロワー数はおよそ3,500人に留まっています。

1位,2位の「みんなの党」と「自民党」は早期の導入。

各政党のTwitter導入時期を調べたところ、フォロワー数1位と2位のみんなの党自民党は、どちらも2009年導入という、比較的早めのアカウント開設をしていました。

次いで期間が長いのが2010年にアカウントを開設した公明党民主党新党改革です。その他の政党は、概ね2012年の開設となっています。

2.各政党のTwitter取り組み姿勢

各政党のTwitterアカウントを見ていくと、全体的にツイート内容は演説会・メディア出演などのお知らせや、記者会見のリンクで成り立っています。

また運用スタイルに関しては、大きく分けて2種類あるように見えます。

1つは自民党・公明党などのように、広報が演説会・テレビ出演などのお知らせをツイートする形式

▼自民党のツイート画面-広報担当による演説会・メディア出演などの告知が主

もう1つは、「みんなの党」や「生活の党」に見られるような政治家個人のツイートもリツイートして、更に細かなお知らせを発信する形式です。

▼みんなの党のツイート画面-政党所属の個人の政治家の投稿をリツイート

フォロワー数が最も多かった「みんなの党」は、最近特に党員の発言を多くリツイートしているように見受けられます。

皆さんは、どちらの形式の方がエンゲージメントしやすいと感じますか? 国内外における個人の政治家のTwitter活用に見られるように、今後、日本の各政党のTwitter運用がどのように展開していくのか、気になるところです。


以上、『ネット選挙運動、Twitterではこんな動きになっていた!政党の公式アカウント フォロワー数ランキング。』でした。

合わせて読みたいネット選挙関連記事

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

正社員の1/3がTwitterアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説

【4‐6月編】今日は何の日? 年中行事カレンダーに合ったSNS投稿事例まとめ