Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

Q&A

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.08.15

facebookデバッガーの使い方とは?

 

A:デバッカーでfacebook上のキャッシュを最新の状態にできます。

facebookであるサイトをシェアした時に表示されるサムネイル画像やタイトルにはOGP(Open Graph Protocol)というルールで設定された内容が使用されます。

facebookではクローラーというものが定期的にOGP設定を取得してキャッシュしており、あるサイトをシェアする場合はキャッシュの情報が使用されます。

ところがクローラーがまだクロールしていない新しいページや、クロールした後にOGP設定が変更されたページなど、facebook上のOGP設定と実際の設定に差異が生じる場合があります。

このような場合、サムネイル画像やタイトルがうまく表示されないことがあります。

facebookデバッガーはOGP設定を確認できるツールですが、デバッグが実行される時に指定したページのクロールが行われるため、facebook上のキャッシュを最新の状態にすることができます。

facebookデバッガーの使い方は次の通りです。

手順1:下記URLにアクセスします。

https://developers.facebook.com/tools/debug/

手順2:シェアしたいサイトのURLを入力し、「デバッグ」をクリックします。

image03

手順3:レスポンスコードが200となっていればクロールが成功しています。

image00

OGP設定の内容も確認することができます。

image01

feacebookデバッガーの使い方は以上です。

関連Q&A

関連サービス

関連企業事例研究

関連記事

企業のnote活用、基礎知識とメリット、事例5選まとめ!話題のnoteを活用しよう

正社員の1/3がTwitterアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

今が始めどき! Facebookライブ配信を成功させる6つのポイント