Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.06.24

【速報】Instagramに新機能「スポット検索」が追加!

Instagramは、6月24日に、検索ページのインターフェースを改良するとともに、新たに「スポット検索」機能を追加したと発表しました。

今回の記事ではこの「検索ページのインターフェースの改良とスポット機能の追加」について詳しくお伝えします。

■新しく追加された機能とは

Instagramのこれまでの検索画面では、「写真」と「ユーザー」に分かれており、検索ワードを入力するとユーザーとハッシュタグが検索結果として表示されていました。

しかし今回の機能追加により、検索窓にワードを入力すると、

検索 ※下記3カテゴリの総合検索

ユーザー検索

ハッシュタグ検索

スポット検索

と新しくスポット検索を加えた、上記4カテゴリの検索結果が表示されるようになり、それぞれカテゴリ毎にタブで検索結果を絞り込むことができるようになりました。加えて今回の新機能は、iOS/Androidの両方で利用可能です。

この新しく加わったスポット検索では、ユーザーが写真や動画をアップする際に指定した場所が検索結果として表示されます。

本機能が備わったことで、次の旅行で行ってみたい目的地や話題のレストランの料理の写真など、世界中から投稿されている写真や動画を、スポットベースで簡単に見つけ出すことができるようになりました。

スポット検索機能が追加される前から、ユーザーの画像や動画の投稿については、ロケーションをタグ付けすることはできていましたが、このタグが活用されることは多くありませんでした。今回の機能追加により、ようやくロケーションタグが活用されることとなります。

企業としては、投稿ネタとして地域を絡めた投稿をする時に活用の機会があるのではないでしょうか。

Instagramは、サービス開始から約4年で、月間アクティブユーザー数が3億人を突破し(2014年12月時点)、現在は1日の平均アクティブユーザー数は2億人、そして1日の平均利用時間は21分間(2015年3月時点)、1日にシェアされる写真や動画の平均値は約7,000万と、驚くべき速度で成長を続けています。

今後もInstagramはユーザーの声を反映しながら新しい機能を定期的に追加し、機能の充実を図っていくことで、さらに多くのユーザーを獲得し、その規模を拡大していくのではないでしょうか。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

イベント1日で1,500投稿、1,600万リーチ。SnSnap社が考える、リアルでの特別体験の価値が高まる若者世代のマーケティングで重要なこと

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説

【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて