Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2016.12.20

長方形画像もそのまま投稿!Instagram投稿に最適な画像サイズとは?

写真や動画の投稿により世界中のユーザーと繋がることができるInstagramは、8月のアップデートでその特徴であった正方形縛りをついに破りました。

縦横長方形の画像投稿も可能になり、ユーザーの表現の幅が広がったのは間違いありません。実際どのような使い方ができているのか、最適なサイズはどうなるのか、今回、改めてご紹介します。

※編集部注
2016年12月20日:内容を加筆修正しました。

■目次

  • 美しい画像を簡単に作成できるInstagram
  • アップデートで長方形画像がそのまま投稿できるように
  • 最適な画像サイズ
  • 外部アプリを使って画像・動画のサイズを統一する方法

美しい画像を簡単に作成できるInstagram

000
Instagramは、簡単な操作で写真や動画のアーティスティックな編集を可能にし、すぐに投稿できる点で他のSNSよりも直感的に扱える魅力があります。

ユーザー同志のコミュニケーションは文字でのやりとりが少なく、写真や動画メインで表現するという特徴を持っています。

アプリから撮影することもできますし、端末に保存している写真をそのまま投稿することもできます。約40種類のフィルター、明るさ・彩度調整、ぼかし、輪郭強調など、画像編集ソフト並みの加工機能により美しい仕上がりの写真をつくることができます。

投稿した写真に対して他のユーザーは、コメントしたり、ハートマークを付けるなどしてコミュニケーションを図ります。

アカウント検索は、完全一致していないと見つけられないため、多くはハッシュタグ(#+キーワード)を埋め込み、その投稿が他のユーザーから見つけやすくなる工夫をしています。

アップデートで長方形画像がそのまま投稿できるように

 

もともと正方形の写真のみが投稿可能であったInstagram。しかし、連携アプリの中には正方形内で横長・縦長に見えるよう変換するものもあったように、長方形での投稿も多かったのです。そこでInstagramはユーザーのニーズに応える形で長方形への対応を実施したのです。

しかしながら、どんな比率の長方形でも投稿できるわけではありません。いくつかの制限があります。

例えば、アプリから直接カメラ撮影して投稿する際には今まで通り正方形のみです。また、縦長の画像については最大でも4:5の比率でしかトリミングできません。さらに、保存済みの動画を編集する際は、画像のようにはトリミングできず、正方形・横長そのまま・縦長4:5の3通りだけとなります。

Instagramに長方形(横長、縦長)の画像を投稿する方法

Instagramで横長、縦長の画像を投稿する方法はいたって簡単です。

投稿したい画像を選んだら、画面中央左にある赤枠に囲まれたボタンをタップしてください。

02_r

縦長も同様に、同じボタンで調整可能です。

01_r

以降の投稿手順は通常と同じです。画面右上の「次へ」をタップし、フィルター等で写真を編集して投稿してください。

最適な画像サイズ

投稿する際最適なサイズは、横長なら1.91:1(幅1080px、高さ566px)、縦長なら4:5(幅1080px、高さ1350px)となっていますが、この比率の間であれば写真の元の解像度が保たれ、高画質の写真を投稿できます。

これ以上大きい解像度のものであれば自動で縮小、これよりも小さいものであれば自動で拡大されます。また、サポートされていなアスペクト比の場合、自動でサポートされているアスペクト比になるようトリミングされます。

縦長画像を撮影&Instagramに投稿するときの注意点

001
先に解説したとおり、縦長の画像は最大でも4:5の比率でしかトリミングできません。

アプリから直接撮影する場合は撮影画面の時点で正方形となっているためイメージしやすいですが、端末保存済みの縦長画像は4:5にトリミングされてしまうため、512:640=4:5を意識して画像をあらかじめリサイズしておくか端が切れる想定をしておくとよいでしょう。

002
また、iPhoneの撮影画面サイズは3:4のため、縦長写真を撮る場合は4:5=3:3.75、つまり縦が16分の1(6.25%)は切れてしまうと考えて撮影するとよいでしょう。この微妙な違いを意識しておけば、表現の幅は随分変わってくるはずです。

外部アプリを使って画像・動画のサイズを統一する方法

アップデートによって表現の幅は広がったものの、縦長画像のトリミングに制限があるなど、完全に自由な状況ではありません。常に自分の思った通りのサイズや画像の縦横比で投稿したい場合、公式以外の画像加工アプリを使う方法もあります。

①正方形さんを使う方法(画像)
②Instasize(インスタサイズ)を使う方法(画像)
③正方形どんを使う方法(動画)

①正方形さんを使う方法(画像)

手順1:正方形さんを起動させ、赤枠部分をタップし、編集したい写真を選びます。

03_r

手順2:画面下部の赤枠部分をタップし、幅を合わせます。(縦の場合は赤枠左隣のボタンで調整)

04_r

手順3:赤枠のボタンをタップし、上下左右の余白を調整します。同じボタンを続けてタップすることで余白の幅を調整することができ、この幅は3段階用意されています。

05_r

手順4:上下左右ともに余白を設定した状態。編集が終わったら画面右上の赤枠部分をタップして編集を完了します。

06_r

手順5:続けてInstagramに投稿したい場合、赤枠部分のInstagramのアイコンをタップします。

07_r

手順6:Instagramに写真がコピーされ、編集画面に遷移します。以降は通常の投稿方法と同じです。

 

08_r

②Instasize(インスタサイズ)を使う方法(画像)

手順1:アプリを起動するとさっそく写真選択画面になるので、編集したい写真を選び画面右下の「次」をタップする

09_r

手順2:Instagram公式アプリと同様に、画面中央左の赤枠部分をタップすると、自動で正方形に調整されます。

10_r

手順3:縦長の画像が正方形に調整されたところ。画面右上の「完了」をタップして編集を完了。また、画面下部の青枠部分ではフィルターなどで画像を編集することができます。

11_r

手順4:続けてInstagramに投稿する場合は、赤枠部分の「Instagram」を選択します。

12_r

手順5:Instagramに写真がコピーされました。以降の投稿方法は通常通りです。

13_r

③正方形どんを使う方法(動画)

手順1:「アルバム」をタップして使いたい動画を選んでください。

14_r

手順2:動画が長い場合、青枠部分で動画の長さを調節することができます。赤枠部分では動画の背景の簡単な加工ができます。

15_r

手順3:手順2の赤枠部分をタップしたところです。余白部分にあたる動画の背景を編集・加工することができます。

16_r

手順4:編集が完了したら、画面下部の「保存」をタップ。

17_r

手順5:保存に少し時間がかかります。保存が完了したら、続けてInstagramに投稿します。画面下部の赤枠部分をタップしてください。

18_r

手順6:Instagramにコピーされました。以降は通常の動画投稿手順と同じです。

19_r

関連記事:
Instagram(インスタグラム)の基本情報に関する記事

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

イベント1日で1,500投稿、1,600万リーチ。SnSnap社が考える、リアルでの特別体験の価値が高まる若者世代のマーケティングで重要なこと

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説

【事例効果つき】徹底解剖!Instagram広告のすべて