Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.11.18

Adobe社最新レポートを発表! デジタル広告の戦場で勝ち抜くのはどのSNSなのか

アドビシステムズは2015年10月21日(現地時間)、Adobe Digital Index(ADI)による調査を自社ブログで「デジタル広告&ソーシャルインテリジェンスレポート」として発表しました。

「デジタル広告戦争の勝者はFacebookかGoogleか?」というタイトルで、主要なSNSサイトのトラフィックの影響をマーケターがどのように測定しているかを検証した内容となっています。

■調査内容

詳しい調査内容は以下の通りとなります。

・期間:2014年第4四半期~2015年第3四半期

・5,000件以上の業界のブランドサイトにおける消費者の行動

・9,000億件以上の検索・ソーシャルプラットフォームのデジタル広告インプレッション

…Google、Facebook、Yahoo、Baidu、Yandex

・230億件を超える主要SNSリンク訪問

…Facebook、Twitter、Pinterest、Tumblr、Reddit、YouTube、LinkedIn

■独走状態のFacebook

001
レポートのなかでも最も目立ったのはFacebookであり、Facebook広告のCTR(クリック率)が前年比35%増とターゲティング戦略の功績が数字に表れています。

効果を期待したマーケターは活用比重を増やしており、インプレッションは回復傾向にあります。さらにリンク経由のRPV(1訪問当たりの売上高)はFacebookが依然首位に立ち1.24ドルと前年同期比6.8%増をキープしました。

002
そこで注目したいのが、Redditが母数は小さいもののRPVが前年比で倍以上の0.57ドルとなりTwitterに迫る勢いです。

Redditは米国最大級のソーシャルニュースサイトとして認知度が高く、ビル・ゲイツやバラク・オバマ大統領が書き込んだことでも有名です。2016年には本格的に日本でも展開される予定で、今後の伸び率が期待できます。

■追いつき追い越せのGoogle

003
また、Googleが広告ビジネスの改善を検討しているとの表現もありました。これはFacebookを意識してのことと予想され、消費者の51%がGoogleのディスプレイ広告よりFacebook広告の方が自分の関心事に近いものが表示されると感じているためです。

CTR(クリック率)を見てみると、Facebookの前年比35%増に対しGoogleは25%増と今回も増加ながら2014年第3四半期で抜かれて以来、Facebookを越えられない現状が続いています。

そこで具体的な改善施策として早速Customer Matchというユーザーの検索履歴を追って最適なディスプレイ広告を表示させるツールを発表しています。これによってユーザーの関心事とマッチしクリックにつなげられるか、Googleの広告戦略の行く末を左右するかもしれません。

■Facebook画像・動画投稿のインタラクション低下

004
先ほどFacebookのCTRが前年比アップしていると述べましたが、気になる点としてFacebookにおける画像・動画投稿への反応率の低下が挙げられます。リンク投稿・テキスト投稿に対し、画像投稿・動画投稿の割合は減少傾向にあります。

ADIのシニアアナリストであるマット・ロバーツは「昨年夏に実施されたFacebookのアルゴリズム変更がリンク表示を有効にするものだったため、マーケターは動画や画像作成を後回しにせざるを得なかった」からだと分析しています。

Facebookの主力コンテンツ2つが落ち込んだのは痛手と言えます。売上を伸ばす同社としてはこの点も含め新たな施策が打ち出されることでしょう。

参考URL:

http://blogs.adobe.com/japan-conversations/files/2015/11/ADI_Q3_2015_Digital_Advertising_Social_Intelligence_Report.pdf

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

正社員の1/3がTwitterアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

今が始めどき! Facebookライブ配信を成功させる6つのポイント

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説