Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2014.12.11

【Facebook】過去の投稿が検索可能に!『Facebook Search』を発表。

プライバシー設定の見直しも重要そうですね。
Facebook Search, グラフ検索, 投稿の検索
Facebookは現地時間の12月8日、強化された検索機能『Facebook Search』発表しました。

こちらのアップデートはもともと英語版Facebookに導入されていたグラフ検索強化するもので、以降は過去の投稿を見つけられるようになるとのことです。

今回の記事ではこの『Facebook Search』の概要と、未だ日本では全ユーザーに実装されていない『グラフ検索』についてもおさらいをしていこうと思います。

■目次

1.新機能『Facebook Search』とは?

2.そもそもグラフ検索と?

3.過去の投稿が見つけやすくなるSNS

1.新機能『Facebook Search』とは?

Facebookは、既存のグラフ検索を大幅に強化した『Facebook Search』のローンチの準備を進めていると発表しました。

過去の投稿を見つけやすくなる!

Facebook Searchの導入により、過去の投稿を見つけることができるようになります。

(※画像引用:http://newsroom.fb.com/news/2014/12/updates-to-facebook-search/
卒業式の写真・1年前の友達の結婚式に関する投稿など、本文のキーワードも拾って検索することができるようになるようです。

一度ニュースフィードに流れてきた投稿をまた見つけ出せる!

拾える投稿は『自身に公開された投稿』のみなので、友達または自身の投稿を検索できます。言い換えると、一度ニュースフィードに流れてきた記事をもう一度検索できるようになります。

このFacebook Searchは、グラフ検索がすでに導入されている米国で、まずは英語版FacebookのiOS版とPC版で今週中に提供が開始されます。日本語版などの適用記事は不明です。

2.そもそもグラフ検索とは?

グラフ検索(Graph Search)とは、2013年の1月より英語版Facebookに導入された検索機能で、細かい条件で絞り込んで友達や写真・お店など検索できる機能です。

これまでは特定の「投稿」を絞り込んで検索することはできなかったので、今後はその点で大幅に進化するようですね。

※グラフ検索については以下のラボ記事もご参照ください。

こんなに細かく検索できてしまう!グラフ検索の機能を徹底紹介!

…で、いつグラフ検索は日本語対応するの?

さて、「グラフ検索が英語版Facebookに導入された」というニュースが昨年の2013年初頭に出てきて、以降日本のユーザーもFacebookの言語設定を英語にすることで利用することはできました。

しかし、結局完全に日本語対応はされることなく今に至ります。

日本語は言い回しのバリエーションが多いので、テンプレートを沢山使うグラフ検索はなんとなく馴染みにくい気はしますが、それにしてもはたして、今回実装されるFacebook Searchは、いずれ日本語版にも適用されるのでしょうか…。

3.過去の投稿が見つけやすくなるSNS

先月、Twitterが過去のすべての公開ツイートが検索可能になったというニュースを発表して話題を呼びましたが、ある意味Facebookも今回似たような動きをしたと言えます。

投稿のリアルタイム制を重視するような動きが多い中で、TwitterとFacebookは過去のツイート・投稿も検索可能にしました。リアルタイムも重要ですが、やはり巨大SNSに蓄積された膨大なデータの価値もこれから高まっていく…ということなのでしょうか。

過去の記事が掘り起こされるということは同時に、先日の記事でも触れたプライバシー設定の見直しも、これから重要になっていくということになると思います。

いずれにせよ日本語版でも導入が待ち遠しいですね。一ユーザーとしても便利な機能だとは思います。


以上、『【Facebook】過去の投稿が検索可能に!『Facebook Search』を発表。』でした。

あわせて読みたい関連記事

【Facebook】3分でわかる!2015年1月1日のポリシー改定で何が変わるの!?

こんなに細かく検索できてしまう!グラフ検索の機能を徹底紹介!

▼ガイアックス提供サービス一覧

 
SNSマーケティング支援サービスTOP
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)運用代行サービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram・LINE)コンサルティングサービス
SNS(Facebook・Twitter・Instagram)広告運用サービス
Facebookアプリ(懸賞・コンテスト・検定)サービス

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

正社員の1/3がTwitterアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

今が始めどき! Facebookライブ配信を成功させる6つのポイント

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説