Social Media Lab
  • Tel 03-6868-5535
  • 資料請求
  • お問い合わせ

ガイアックスソーシャルメディアラボの記事

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します

2015.08.04

【食品・飲食編】事例から学ぶ、Facebook投稿における最適な投稿時間

毎日、Facebookを運用する上で、エンゲージメントを高めるためにユーザーのライフスタイルに合わせた投稿を考える方もいるのではないでしょうか。

その施策として挙げられるのが「投稿時間」の調整です。今回は自社の商品とユーザーのライフサイクルを念頭に、投稿時間を意識した食品・飲食関係の企業運用事例をご紹介します。

■ニチレイフーズ

画像1
主な投稿時間:午前6時50分

冷凍食品などの食品を販売する「ニチレイ」のFacebookページです。

ほぼ全ての投稿が「6時50分」で統一されており、投稿内容は新商品の紹介やメイン商品である「冷凍食品」を使ったアレンジレシピをきれいな写真付きでアップしています。

画像2
午前6時50分という時間は、朝からお弁当の支度などをする主婦向けの投稿になっています。

「子供が喜ぶアレンジレシピ」や「時短レシピ」など、忙しい主婦に嬉しい投稿内容は、いいねやコメントなどの反応も高くなっています。

■ドトールコーヒーショップ

画像3
主な投稿時間:7時00分、13時00分、20時00分

「ドトールコーヒーショップ」が運営するFacebookページです。

主な投稿内容は、「新商品のお知らせ」や「キャンペーン告知」、姉妹店である「エクセルシオールカフェ」の紹介などになっています。

投稿時間は主に「7時」「13時」「20時」と朝、昼、夜のいずれかに設定されています。朝に投稿される内容は主に「新商品の紹介」や「クーポンの紹介」が多くなっており、1日の始まりに「お知らせ」系の投稿を持ってきています。

画像4
昼にされる投稿は「七夕」や「父の日」などの記念日に関するものや、それに伴ったプレゼントの紹介がされており、「午後も頑張りましょう!」や「さあ、今日もあと一息!」などのコメントで締めくくられています。

夜は主に「キャンペーンのお知らせ」で統一されており、ファンが「明日行ってみようかな?」となる構成になっています。

■森永アロエヨーグルト

画像5
主な投稿時間:6時00分

「森永アロエヨーグルト」の公式Facebookページです。

全ての投稿が「6時00分」にされており、主な投稿内容は「キャンペーンのお知らせ」「製品を使ったレシピの紹介」「新商品の紹介」がメインになっています。

画像6
「with Aloe レシピ」という「アロエヨーグルト」を使ったアレンジレシピの紹介コーナーは、非常に多くのいいね!やコメントが付いており、早朝6時という時間に「朝食に一手間加える」というレシピコーナーを投稿することで多くの反応を得ているようです。

■まとめ

今回は飲食・食品業界に絞ってのご紹介になりましたが、それぞれの企業が運営するFacebookページごとに配信する内容も違えばファンが求めるコンテツ内容も変わってきます。

ファンのニーズにあった内容をファンの生活リズムに合わせて投稿することでエンゲージメント率も上がってくるでしょう。

この記事に関するキーワード
お役立ち資料ダウンロード

関連記事

正社員の1/3がTwitterアクティブ。ベーシックが全社を巻き込むTwitter活用で、成果を上げるまで

今が始めどき! Facebookライブ配信を成功させる6つのポイント

Facebook・Twitter・Instagramの違いと使いわけ方まとめ!特徴からユーザー動向・運用方法まで徹底解説